クリニックからのお知らせ

飛沫感染の恐れのあるような検査に対する当院の方針

I厚生労働省よりコロナウイルスの院内感染を防ぐため、飛沫感染の危険を伴うような診療行為(鼻咽頭ぬぐい液の検査など)では十分な感染防止対策を行って対応するように通達されております。発熱や風邪症状がある患者さんには基本的には問診と診察、体温測定、酸素飽和度測定(胸部レントゲンは必要に応じて行います)などの臨床診断主体にての対応とし、インフルエンザや溶連菌検査は当院の感染予防対策では時間と空間の隔離が充分にはできないと判断し今後は行わない方針とします。院内感染の防止を含めて何卒ご理解をいただければ幸いです。なおアイコールシステムを利用して順番通りに受診してくださり職員一同とても感謝しております。その結果、院内での滞在時間が極めて短縮されスムーズに診療できております。また発熱が続く方で帰国者接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)よりかかりつけ医受診の指示を受けた方は必ず午前中の診療時間に順番を取った上で、お電話にてご連絡いただき、受診のタイミングを相談させてください。直接のご来院は一旦はお戻りいただく、あるいは車内で待機していただくこともあります。院内感染防止にご協力頂ければ幸いです。
ページ上部へ戻る